ワイングラス選び


白ワインやロゼなど冷えたワインを飲む時に、手のひらの温かさでワインの温度を上げないために脚付きのワイングラスは不可欠。

できれば、口のやや閉じた、いわゆるチューリップ型が良い。ワインのアルコールが揮発する時に伴う香りを溜め込むため

地方やブドウ品種によって適応するさまざまな型があるが、まずそろえたいのはボルドー型、あるいはキャンティ型といわれるフォルムのもの


大きさ
ワインを注いだ時の表面の面積で、ワインの香りの立ち方が微妙に違い、この面をソムリエ用語では鏡面と呼ばれ、空気と触れ合うことによってワインが酸化を始めます。
一般的にはこの酸化によって、香りが出たり、渋みがやわらいだり、温度が上がったりするが大きければ良いというものではないようです。


posted by ココ at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワイングラス/ wineglass
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11724653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。