白ワインはどうやってつくる?

白ワインはぶどうの果汁だけを発酵させてつくります。

基本的には白ブドウを使いますが、
ミュスカデや甲州などなかにはやや色素を持つ果皮のものあります。

さらに時として黒ブドウを使うめずらしいケースもあるようです。
よく知られたフランスのシャンパンは白ワインをもう一度発酵させた炭酸ガスのあるスペークリングワインですが
通常は約半分から3分の2は黒ブドウを原料としているんです。
黒ブドウを素早く圧搾して、白い果汁をとりながらも黒の持つ力強い個性を取り込もうとするのです。
ぶどうの糖分が酵母菌によってアルコールと炭酸ガスに分解されワインができます。

以下が白ワイン作りの工程です。

収穫 → 圧搾 → 発酵 → 後発酵 →
澱引き → 熟成
(多品種のブレンドがある場合はここでします)
→ 清澄、濾過、瓶熟

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11726114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。